つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」からほど近いところにあるアパートの改修のプロジェクトです。

既存の建物は、変形敷地に対して規格にのっとった鉄骨アパートが配置されているため、外周の余剰空間を
有効には使えていませんでした。内部も典型的な個室型プランの3LDKで、南面に個室が並んでいるため
北側のキッチンは暗く狭い印象です。

改修では、外部に関しては、敷地を南北方向に3分割の帯状にゾーン分けします。
南の帯をウッドデッキ、中央の帯を白玉砂利、北の帯はアクセスゾーンとし、
立面もそれに対応させて黒と白で塗り分けます。
これによって、敷地内のスケールではなく、街区レベルのスケールで外部空間を有効化させることを意図しています。
一階住戸は広々としたウッドデッキのテラスを獲得し、敷地東面にはバーベキューなどにも使える共用空間を生み出しています。

内部に関しては、寝室を除いて既存の間仕切壁を解体し、大きな一室空間とすることで、
室内全体の居住環境を改善します。
既存天井を解体し、天井高さを増すことで、より一体的な室内空間に改修しました。

direction / design: Mitsuyoshi Miyazaki
施工
:島貫工務店